新型シエンタのおすすめのオプションは?現役ディーラーが解説!

シエンタは2022年8月23日に3代目としてフルモデルチェンジをした使い勝手のいいコンパクトなミニバンタイプのお車です。

発売から約3ヵ月位経ってますが、ご注文も多い為、すでに納期がかなり掛かり始めています。

因みに11月20日現在の納期は
ガソリン車は2023年2月下旬〜3月上旬以降
ハイブリッド車は2023年7月下旬〜8月上旬以降
となっています。

ノア・ヴォクシーやハリアー等に比べたら、まだ大した事ないですが、ハイブリッド車で8ヵ月以上とかなりの長納期となっています。

車自体は大変好評を頂いており、現在ではトヨタ車の中で1番の注文をして頂いている車種となっています。

そんな中、お客様からお選び頂いている人気のオプションをご紹介したいと思います。

シエンタ購入検討の際のご参考になれば幸いです!

目次

特におすすめの純正品のオプションは?

車の購入を検討するにあたり、車を決めてグレードや色を決めた後にその車にどのオプションを付けようか?と考えると思います。

そんな中で実際にお客様はどんなオプションを選ばれているのか?をご紹介したいと思います。

フロアマットサイドバイザーはほとんど方が注文されるオプションです。
それ以外だとほとんどメーカーオプションや標準装備でついているものが多く、シエンタの場合オプションで様々なタイプの仕様が可能です。

その中でも厳選した特におすすめの3つのオプションをご紹介します。

ラゲージボード 11,000円(税込)

3列シート車でサードシートをダイブインした時にできる隙間や凹凸をカバーし、フラットな床面に仕立てるボードです。
載せるだけで荷物の隙間への落下を防ぎ、使いやすさが向上します。
サードシート使用時は荷台部分に折りたたんで収納できます。

ラゲージボード
https://toyota.jp/

前モデルのシエンタにはなかったオプションなので、3列シート車で普段はあまり3列目を使用せずに荷室スペースを確保したい方は、ぜひおすすめしたいオプションです。

コンソールボックス 22,000円(税込)+工賃

箱ティッシュ1個、DVDを6枚収納可能。
ボックス前方にはペットボトルなどを収納できる小物入れも備え、使いやすさ抜群です。
ジャバラ式のフタは運転席・助手席のどちらからでも開閉しやすく、内装色にマッチしたサドルタンカラーもポイントです。

コンソールボックス
https://toyota.jp/

ヤアシストグリップ(左側用/右側用) 10,450円(税込)+工賃

お子様やご年配の方が2列目の席に乗り込む時に、掴まるところがあると安心ですよね。

リヤアシストグリップ(左側用/右側用)
https://toyota.jp/

アウトドアを楽しみたい方のオプション

シエンタにはアウトドア仕様にできるオプションが多数あります。
その中でも特におすすめのオプションをご紹介したいと思います。

https://toyota.jp/

バックドアネット 27,500円(税込)+工賃

エアコンをつけずに、バックドアを開けて⾞内の⾵通しを良くしたい時などに最適!
ファスナーを開ければ座席とラゲージの行き来もしやすく、ファスナーを閉めれば日除けにもなります。

https://toyota.jp/

バックドアラック 22,000円(税込)+工賃

バックドアを開けて使用して、衣類やランタンをかけることができるラックです。
ブラックアルマイト処理を施すことでアウトドアシーンに合うカジュアルな空間を演出します。

https://toyota.jp/

ラゲージLED 27,500円(税込)+工賃

バックドアの開閉と連動して光るLEDです。
⾜元を明るく照らし、夜間の作業性を向上させます。

https://toyota.jp/

ラゲージウッドデッキ(木目調) 27,500円(税込)

ラゲージボードを木目調にすることで、華やかさを創出します。
また、水や泥汚れなどをサッと拭くことができる機能性もあります。

https://toyota.jp/

おすすめの社外品のオプションは?

フロアマット

純正品を購入される方がほとんどですが、社外品でもそれぞれの車に合わせたフロアマットを販売してます。
社外品でのメリットはやはり金額が純正品に比べて安いことです。
足元に敷く物なので、別に安いのでいいという事であれば、社外品のものをおすすめします!



コンソールボックス

純正のコンソールボックスもいいんですが、紹介する社外品の商品も専用設計なので置くだけで設置可能ですし、ドリンクホルダーや小銭入れも付いてきます。
もちろん収納スペースも広くて、ティッシュボックスも入ります。


反射防止フィルム

メーカーオプションで10.5インチのディスプレイオーディオを選択された方におすすめの商品です。
傷の防止はもちろんのこと、抗菌加工や指紋軽減の特殊加工になっているので、ぜひこのフィルムはつけて欲しいです。


まとめ

今回はシエンタのおすすめのオプションをご紹介させていただきました。

社外品はまだ商品が多くなく、これから商品が色々と発売されそうな感じです。
またおすすめしたい商品がありましたら、随時紹介していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ご訪問ありがとうございます!
当ブログの筆者、ouji(おうじ)といいます。

40代後半で、妻と子ども3人と自分の両親の7人で暮らしています。

まずは簡単に自己紹介をさせてください!

筆者はホテルや広告等の業界を経て、現在のトヨタ自動車に10年以上働いてきました。

その中で、今まで自分が経験してきた事が、何かのお役に立てればと思い、このブログを立ち上げました!

直近ではトヨタのディーラーに現役で働いていますので、車のカタログだけでは分からないことを発信して、車購入等の手助けになれば幸いです。

これからも新しい車等の情報をより分かりやすくお伝えします。

また自分の興味のあるエンタメやスポーツの情報なども書きますので、あわせてよろしくお願いいたします!

目次
閉じる